日本大学との教育交流

2019文理訪問2

本校と日本大学との教育交流は2019年度より本格的に始まりました。本校が日本大学との交流を深める理由は、まず日本一の選択肢を持つ大学であるということです。医学部を始めほぼ全ての学問領域を有する学部を揃えた大学は、国内において日本大学が唯一といえるでしょう。日本大学との交流強化に学校全体として取り組むことは、本校生徒にとって進路選択の幅が広がり、更に新たな専門分野の発見にも繋がることが期待できます。また、本校はⅡ類進学コース(アスリートコース)を設けていますが、本校は、高校までで競技人生にピリオドを打つのではなく、更に大学進学を前提とした長期間にわたるアスリート育成を目指しています。「スポーツ日大」という言葉にも象徴されるように、今後もこの教育交流の中で、トップクラスを目指すアスリート育成を積極的に図っていきたいと考えています。

2020年度の交流実績(10月現在)

※新型コロナ禍の影響で、4月当初に発表していた年間計画の内容を一部変更して実施しています。

7月9日 2年生進路ガイダンスをビエント高崎にて実施。会場には大学・短大・専門の各ブースとともに、日本大学の特別説明会場を設置。文理学部教育学科、大場博幸先生来場・説明。
7月22日 3年生進路ガイダンスを本校にて実施。同時に日本大学入試説明会をコモンホールにて開催。本部学務部入学課、久保葉子先生来校・説明。
7月 3年生の希望者を対象に、日本大学オンライン説明会を本校にて実施。27日に生産工学部(山中厚利先生)と理工学部(西山孝樹先生)、28日に文理学部(藤森裕樹先生)、29日に工学部(濱田大輝先生)、30日にスポーツ科学部(本道慎吾先生)と危機管理学部(川中敬一先生)の説明会が実施されました。
8月6日 日本大学スポーツ推薦希望者3年生7名を対象に説明会を実施。学校長、堀井教育連携室室長、進路部長から生徒と保護者に説明。
9月 1年生対象日本大学出前授業を校内で実施。17日に生産工学部(菅沼祐介先生)、18日に文理学部社会福祉学科(吉田仁美先生)と商学部(黒沢壮史先生)、工学部(沼田靖先生)、24日に法学部(南健悟先生)と危機管理学部(川中敬一先生)、スポーツ科学部(本道慎吾先生)、25日に文理学部化学科(藤森裕樹先生)と文理学部英文学科(隅田朗彦先生)、29日に理工学部(田嶋和樹先生)の説明会が開催。
10月 1年生大学見学会にて工学部(福島県郡山市)を訪問。
DSC03032-scaled

2019年度の交流実績

4月校内に教育連携室、日本大学全国桜師会群馬県支部、日本大学文理学部校友会群馬県支部を設置。
5月本校教員12名が日本大学文理学部を訪問し、交流会を実施。
7月日本大学文理学部のオープンキャンパスに1.2.3年の生徒87名が参加。
7月日本大学文理学部のキャンパスツアーを実施、保護者17名が参加。
9月日本大学文理学部化学科の藤森裕基教授が来校し、特進コース1年生を対象にした高大連携出前授業を実施。
10月1年生対象の大学見学会を実施。日本大学(文理、経済、理工、スポ)その他、都内の大学を見学。

[2020年度入試] 日本大学合格者6名(文理1名、理工1名、商1名、生産工1名、工2名)。

トピックス

ページトップ